今月から2ヶ月連続で、「特集 ミニモト」を展開していく予定にしてことをここに発表させていただいたい。空前絶後のハンターカブブーム、びじばいぱにっくの立ち上がり、ハードEDにおけるファンライドバイクのブームなど、「ミニ」がなにぶん活発な動きを見せている。これをひっくるめて新世代の「ミニモト」と一括りにさせていただき、シーンをフィーチャーしていく所存。
画像5: ZETA エンジンプロテクション アンダーフレームキット クロスカブ

これが絶妙だった。

元々がカブなので、センターのフレームだけでねじれ剛性を出しているクロスカブ。荷物を載せたりすると、どうしてもぐにゃぐにゃしてしまうし、速い切り返しなどでは心許ない。後ろに箱をのせると、街乗りでもちょっとダルなのだ。

アンダーフレームが入ってからは、そのフィーリングがしゃっきりした。通常のダブルクレードルフレームと同じようなフィーリングがあって、左右に倒しこむ動作がめっちゃ気持ちいい。

画像6: ZETA エンジンプロテクション アンダーフレームキット クロスカブ

実は、ダブルキャリアをつけて、タンデムとリアボックスを両立させたときに、すごく悩んだ。それだけで、街中の楽しさを相当スポイルしてしまったからだ。箱をのせたりおろしたりするのは、カブの手軽さに反するし、このぐにゃぐにゃ感に耐えていくしかないのだ、たぶんと思っていた。

それが、解決しちゃったのだ。

オフロードにもちこんでも、やっぱり感触がいい。ぐにゃぐにゃしてどこにいくかわからない不安定さが、ちゃんとラインを狙えるようになる。剛性って、大事なんだなと身にしみる。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.