世界的にも、COVID-19の影響を色濃く受けるオフロードレース事情。アメリカのモトクロスも、スーパークロスが途中で無期限延期になり、後半戦を異例の1会場、超タイトスケジュールで開催。そして、プロモトクロスが紆余曲折を経て8月15日に開幕を迎えた。我らが下田丈は、2週間前に肩を負傷…。不安を抱えたままの2年目立ち上がりであった。

オープニングは、ロレッタリン

異例づくしの2020年、プロモトクロスの開幕も例年とは様相が異なる。まず、通例5月に始まるシーズンは、3ヶ月の遅れ。いつもなら、後半戦の時期だ。さらには、アマチュアモトクロスの金字塔であるロレッタリン・ランチがその会場となった。

画像: チームメイトの、ジェレミー・マーティン

チームメイトの、ジェレミー・マーティン

アメリカのモトクロスライダーは、ほとんど例外なく地方選手権を勝ち上がり、毎年このテネシー州の片田舎にあるロレッタリンに1週間レースをしにやってくる。その台数、実に延べ1800台を超えるアメリカモトクロスの一大イベントだ。

Off1.jpもとい、稲垣は下田丈をフォローしはじめてから、このロレッタリンを2年取材。昨年は、下田の最後のロレッタリンで、その1週間後にプロデビュー。アメリカのアッパー層のモトクロスキャリアとして、最も効果的でスタンダードな道を歩んできたのが下田である。

ともあれ、COVID-19の影響で会場はロレッタリンに。「去年で最後のつもりが、またここでレースするなんて。あまり嬉しいものではありませんね」と下田は言う。懐かしいほど昔のことでもない、のだ。下田曰く「AMAのライダーも、歓迎ムードってわけではない」とのこと。

完全に「やってしまった」下田

実は、2週間ほど前、下田は練習中に肩を負傷してしまった。「1年前のロレッタリンでも、肩をうちつけてしまってましたが、今回はそれより酷い。痛いことよりも、2週間ほど乗れなかったことが、いやでたまらない」と下田は言う。負傷の少ない下田には珍しいことだった。プロモトクロスの開幕がいつもより遅れたことで、準備期間はしっかりと体力をつけるトレーニングにまわすことができたし、トレーナーのJ・ウィップルともターゲットを見定めて、30分のヒートを多めにこなしてきたという。

画像: 下田本人から送って頂いた、左肩の負傷写真。どデカイ青たん…

下田本人から送って頂いた、左肩の負傷写真。どデカイ青たん…

さらに、開幕のモト1が追い打ちをかけた。

「スタートは、ギャップでデバイスが外れてしまったことで出遅れてしまいました。それに、肩の痛みが、体が温まるまで抜けず、序盤のペースを作りづらかったのですが、レーススタートして5周目にマシントラブルが起きました。モト2のためにも、修理の時間を稼ぎたかったこともあって、早めにピットインしてレースをアウトしました」と悔しそうに下田は言う。感情を思い切りインタビューにのせることのない下田は、淡々と語る。だが、悔しいときの声のトーンはとても低い。

スーパークロスも同じだが、モト1でつまづくとモト2にも影響が出る。レースをアウトした下田には、スタートグリッドの選択権は与えられず、最アウトからのモト2。苦戦は必至だった。「普通のグリッドで、普通にスタートできれば、だいたい序盤に8番手くらいに安定して入れる自信はあります。でも、中盤くらいにならないと、ペースが上げられませんでした。ロレッタリンのコースは、アマチュアのロレッタリンとは違って、ワダチも走りづらくはないですし、荒れてもいません(編注:映像で見る限り、全日本でお目にかかることの無い強烈なワダチとギャップだったし、クオリファイではスタックが続出して赤旗がでるレベルだったのだが、荒れているうちには入らないという)。でも、やっぱりパッシングはしづらいですね。スタート有利です。

画像: 450にステップアップしたばかりの、セクストン。ロレッタリン名物の、サンドセクションは荒れるのだ

450にステップアップしたばかりの、セクストン。ロレッタリン名物の、サンドセクションは荒れるのだ

一度、旗を間違えてしまって…青旗を振られたと思って反射的に後ろに譲ってしまったことで、パスされたシーンもありましたが、11位まで追い上げました。シーズンのことを考えると、ここで無理もしたくない。100%で勝負できるまで、あと2週間くらいはかかりそうです」とのこと。

11位の結果は、逆境をかかえた状況にしては、よかったと評価できる。1年前のユナディラと比べれば、安定感は抜群に高くなったと言えるだろう。ロレッタリンは、休みどころのないトラックだが、だからこそ下田の後半に伸びる体力が、モノを言う。急遽、第2戦もワシューガルからロレッタリンへ移行になったが、下田はカリフォルニアに戻って療養中。「スタートで5番手位内に出て、トップスピードのレースをしたい。まずはそこからです」と下田は言う。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.