via text - ここをクリックして引用元(テキスト)を入力(省略可) / site.to.link.com - ここをクリックして引用元を入力(省略可)

何を隠そう、編集部が買ってしまったのだ…。ベータジャパンが、今年から新規導入したBetaアルプ200。コンセプトは、スリム&コンパクトなトレッキングマシンだが、さすがにエンデューロをメインとするメーカーだけあって、「わかってるね、コレ」と何度もいいたくなる出来映え。高速性能なんていらん、とにかくオフで遊びたいし、身の程にあったバイクがいい、ナンバーもほしい、そんなわがままユースは、このバイクでしか叶えられないかもしれない。

まず、アルプ200は、オフロードコースが楽しい

画像: マジで、普通に楽しめる。

マジで、普通に楽しめる。

アルプ200は、トライアルを意識しつつも、トレールよりに設計されたバイクだ。コンパクトでスリムな車体に、スズキのジェベル200などで使われた信頼性の高いユニットが搭載されている。そのスペックから想像するに難くなく、マイルドで、おだやかで、乗りやすいことこの上ない。200ccの空冷エンジンは、走りすぎることも無く誰にも優しい。

トライアルを意識していることは、その構造からも明らかだ。

画像1: まず、アルプ200は、オフロードコースが楽しい

シートを外すと、見ての通りトライアルよりなポジションになる。だから、たとえば群馬の日野カントリーオフロードで、山の中に分けはいっていくような楽しみ方と相性が良い。シート高もセローなみに低いから、初心者に安心して貸すことができる。

画像: 編集部、伊井も絶賛。

編集部、伊井も絶賛。

画像: 飛べてないけど、飛べる。なんのこっちゃ。

飛べてないけど、飛べる。なんのこっちゃ。

…のだが、Off1.jp編集部がまず驚いたのは、モトクロスコース(千葉県の富津SS)で普通に走って楽しめるところだった。もちろん、モトクロッサーと比較すべくもないのだが、たとえばトライアルバイクを持っていて、モトクロスコースに行ったとしても、降ろすことはないと思う。でも、これなら「ちょっと走っておこうかな」という気になれる。

画像2: まず、アルプ200は、オフロードコースが楽しい

たぶん、そのオフロード適性にもっとも貢献しているのは、ボディワークだろう。モトクロッサーと比較しても、まったくもって細い車体、タンクまわりなのだが、シュラウドからシートにかけての形状が秀逸なのだ。

画像3: まず、アルプ200は、オフロードコースが楽しい

これは、インプレをお願いした池田智泰も、同意見だった。「ヒザでバイクを押さえ込みやすいね。シュラウドにぴたっと吸い付くから、ポジションがとりやすい。最初はトレールバイクでモトクロスコースを走りたくなかったけど、走り出したら面白かった」と。ヒザで押さえ込みやすいから、コースでも意のままにバイクをふりまわせるのだ。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.