これまでクロスカブや、ハンターカブに履けるブロックタイヤと言えば、IRCのFB3が定番でした。クロスカブで遊び回るには、正直FB3で充分というかパーフェクトだったんですが、IRCからトレールタイヤのGP22がミニサイズに対応したというではないですか。早速編集部で、テスト!

IRC(井上ゴム工業) GP22

画像: IRC(井上ゴム工業) GP22

価格:オープン価格
車種:クロスカブ110
年式:18年以降
タイヤサイズ:FRONT80/90-17 M/C 44P、REAR:80/90-17 M/C 44P
構造:チューブ

こちらが、前述したFB3。ダートテイストが増して、実に好印象でした。

トレールの定番タイヤ、GP22

画像1: トレールの定番タイヤ、GP22
画像2: トレールの定番タイヤ、GP22

各タイヤブランドでは、トレールタイヤの定番品というものが存在します。ダンロップならD603(あるいは605)、ブリヂストンならTW301/302。IRCで同列に語られるものが、GP21/22です。もとよりカブ向けに設定されたFB3とは、オリジンが違うわけです。言うなれば、純粋なトレールタイヤ。ザ・林道タイヤが、カブでも履けるようになったわけですよ。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.