カワサキがティザーPR戦略をとっていたオフロードバイクが、いよいよ判明。北米にて新KLR650が発表された。これまでも、北米にて展開されていたKLR650がフルモデルチェンジされた形である。フロント21、リア17インチで460lb(208kg)の軽量な車体。想定されるライバルは、テネレ700だろうか。
画像1: 21インチの650アドベンチャー、新KLR650が登場
画像2: 21インチの650アドベンチャー、新KLR650が登場
画像3: 21インチの650アドベンチャー、新KLR650が登場

Kawasaki
KLR650

2年ほどの休止期間を経て北米市場に再登場となったKLR650は、キャブレターからFIへ換装されただけにとどまらず、精悍な顔つきに。ABS付き・ABSなしのスタンダードモデル、サドルバッグなどを標準装備したKLR650 ADVENTURE、トップケースを標準装備したKLR650 TRAVELERの4つのバリエーションが販売されるという。

画像4: 21インチの650アドベンチャー、新KLR650が登場

KLR650 ADVENTURE

画像5: 21インチの650アドベンチャー、新KLR650が登場

KLR650 TRAVELER

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.