カワサキがティザーPR戦略をとっていたオフロードバイクが、いよいよ判明。北米にて新KLR650が発表された。これまでも、北米にて展開されていたKLR650がフルモデルチェンジされた形である。フロント21、リア17インチで460lb(208kg)の軽量な車体。想定されるライバルは、テネレ700だろうか。
画像7: Kawasaki KLR650

34.3インチのシート高は、メートル法で約871mm。北米発表と言うこともあって、高めの数値だが、丸みを帯びたシート形状もあいまって、足付きはよさそうだ。

画像8: Kawasaki KLR650

必要最小限なインパネまわりは、ミドルアドベンチャーの昨今の潮流なのかも。

画像9: Kawasaki KLR650

21インチのフロントタイヤには、ABSを装備する。

画像10: Kawasaki KLR650

タイヤチョイスに苦労しそうな17インチのリアタイヤ。スイングアームは、旧型にくらべて30mm長いとのこと。

画像11: Kawasaki KLR650

シャシーにも手を加え、前後サスペンションのセッティングも適正化。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.