変則的スケジュールでおこなわれているスーパークロスは、現在ラウンド5まで消化。下田丈の参戦するリーストリージョンは、Rd.7オーランドまでで開催されて一旦お休み、Rd.16のソルトレイクシティ、そして最終戦ソルトレイクシティ2で東西あわせたシュートアウトとなる。つまり、全9戦のうちの折り返し地点だ。

Rd.4、初表彰台を奪取して…

画像: PHOTO/FELD Entertainment

PHOTO/FELD Entertainment

すでに既報の通り、スーパークロス第4戦において下田丈はついに表彰台を奪取。

流れは、ヒューストンで何度も見たものだった。コルト・ニコルズ、クリスチャン・クレイグが速攻を効かせてトップ争いに。3番手は、下田にとって抜けそうで抜けないマイケル・モシマン、その背後に下田丈がつけるという展開。宿敵であるジェット・ローレンスはスタートでミスしたあげくに、序盤で一度ジャンプのミスがあって9番手まで落ち込んだ。

つまり、なかなか詰めることのできないモシマンとの差(4秒)を追いかける下田の背後に、着々と迫るジェット。レースが動いたのは、終盤である。モシマン、下田、ジェットの差が1秒足らずで3つどもえに。ここで仕掛けたのは、ジェット。二人をパスして、さらに離れた2番手クレイグを追う。ファイナルラップ、ジェットはステップオフのセクションで一瞬追い抜き左コーナーへ侵入。クレイグがイン、ジェットがアウト、クレイグが大きめにブロックラインを使うと、二人は接触したままクラッシュパッドの外へ。

モシマンを追い詰めながら、クレイグ、ジェットをパスして3位表彰台となった。

画像: Rd.4、初表彰台を奪取して…

下田は「レース自体は悪くないと思います。良い感じで走ってたんですが、二人がこけて3位だったわけだから、やはり自分で次は勝ち取りたいです」と言葉すくなに語る。「最終コーナーでモシマンを抜きかけたんですが、届きませんでした」と。モシマンには、しっかりとどく自信がある。だが、やはり「スタートですね。トップに出てしまえば、スピードはだせる」とのこと。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.