Off1.jpでもすでに何度も記事化しているが、保坂修一(ホサカ ヨシカズ)を改めてしっかり紹介しておきたい。すでにエンデューロファンには若手のトップライダーの代表としてその名が広く知られているが、その秘めた可能性はまだまだこんなものじゃないはずだ。

最年少記録を塗り替え、目指すはヨーロッパ
「今は、とにかく上しか見ていません」

ヨシカズは現在19歳。エンデューロに専念するために高専を中退してから、通信制の高校を卒業。現在は大阪で一人暮らしをしながら、ビバーク大阪のスタッフとして働き、レース活動をしている。

これは僕が常々思っていることなのだが、学生を終えて、一般的な社会人になってからライダーとして飛躍的に成長するのは、かなり難しいことだと思っている。責任の大きさに比例して、怪我をした時のリスクは大きくなるし、練習時間も制限されるからだ。だから、ヨシカズが日本国内で一番になりたいだけだったら、実家に残って家族に養ってもらいながら練習した方が良かったはずだ。

ではなぜ、家を出たのか。
世界を目指しているからに他ならない。

画像: 最年少記録を塗り替え、目指すはヨーロッパ 「今は、とにかく上しか見ていません」

「去年、ガミー(大神智樹)にイタリアGPに連れていってもらって、それまで漠然と国内で一番を目指していた意識が、完全に世界を向きました。同世代だけじゃなく、トップライダーの走りが日本とまるで違っていて、今の自分に足りないものが少しだけ見えてきました。

それはライディングのスキルだけじゃありません。まず実家を出て、家族に頼らずに自分の力でレース活動ができる環境を手に入れないといけないと思いました。それができないと一人で海外に行っても、何もできないと思います。

環境を整えることができれば、あとは練習して、レースで勝つだけです。今は、とにかく上しか見ていません。今年の目標はJNCC総合優勝と、JECチャンピオン。もちろん、ライバルはみんな速いし尊敬しています。簡単に達成できる目標じゃ、意味ないですしね。そしてそれが達成できたら、次はいよいよEnduro GPです。

30歳までに世界で戦える感触が掴めなかったら、一つ区切りをつけると思います。今のEnduro GPのトップライダーを見ていると、ピークの年齢がだいたい27〜30くらい。だから、そこでダメなら趣味に切り替えるつもりです。

でも日本のエンデューロで活躍して海外に出ていって、そこでも活躍してファクトリーチームに入って、それで食べていくことができたら……。ロードレースやモトクロスだけでなく、エンデューロにもそういう道があるんだ、ということを僕より下の世代に見せてあげられたらいいな、と思っています」

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.