via text - ここをクリックして引用元(テキスト)を入力(省略可) / site.to.link.com - ここをクリックして引用元を入力(省略可)

21シーズンは、石浦諒の負傷によって開発に専念することをきめたGOSHIレーシング。実戦におけるR&Dとして、合志技研は名門T.E.SPORTとタッグを組み、大塚豪太車にGOSHI製エキゾーストと、エンジンセッティングをすることに。

この事前取材時に加えて、エキゾーストパイプの開発&テストもこなし、良コメントを得て開幕へ臨むこととなった。

21’ 大塚豪太車はGOSHIチューン

画像1: 21’ 大塚豪太車はGOSHIチューン

こちらが、仕上がった大塚豪太車である。21年式のCRF450Rをベースに、GOSHI製フルエキゾーストを組み込んだ。

画像2: 21’ 大塚豪太車はGOSHIチューン
画像3: 21’ 大塚豪太車はGOSHIチューン

ヘキサゴナルボディをスタンダードから踏襲したマフラーには、昨年までの大塚の固定ゼッケン155がレーザーマーキングされている。内部は、すぐにアクセスできるよう、ボルトでサイレンサーキャップを固定。スタンダードよりも軽量である。

画像4: 21’ 大塚豪太車はGOSHIチューン

事前に用意したのは、2本。通常、エンジン出力は音量とのトレードオフ関係にあり、MFJの音量規制にどこまで近づけられるか、そしてレース後の再音量測定時にも規制内に収まるか、が大事。多くのチームでは、マフラーを数本用意しておき、事前に音量測定に通しておく。トラブルがあった場合などに対応できるためだ。そして、さらに保険をかけてスタンダードのマフラーも通しておくのが通例である。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.