バイク乗りとして生まれたからには
一度はカブに乗らないと

伊井の今月のお買い物は、言わずと知れたカブです。
そう、スーパーカブです。

伊井覚

大型免許は持ってるのに、大型バイクを所有したことがありません。そんな状態のままどんどん排気量は小さくなっていって、ついにカブに手を出してしまいました。どう◯しょうファンなので、いつかは欲しかったんですよね。納車前にいきなり往復300kmのツーリングに連れてってもらったんですけど、いきなりガス欠して押すハメに。押し事大好きです。

画像1: バイク乗りとして生まれたからには 一度はカブに乗らないと

えー、アニメの影響とかではありませんよ。断じて。これで富士山を五合目まで登って「今日はこの辺で勘弁してやるか」ってドヤ顔したり、出前機積んで箱根越えをしたり、ウイリーして片側通行の看板に突っ込んだりできるわけです。

冗談は置いといて、やっぱりバイク乗りとして、いつかは所有してみたかったんです。それが何の縁か、BETAを買ったらオマケで付けてくださいまして。

今はまだエンデューロレーサー乗って頑張って遊んでますけど、きっと60歳くらいになったらセロー225が良くなって、80歳くらいになったらスーパーカブに辿り着くんだろうなぁ、って。ちなみにアニマルハウスには現在CT125ハンターカブと、CC110クロスカブと、CT110ハンターカブがあったので、これが4台目のカブです。これで本当のカブ式会社です(親父ギャグ大好き)。

画像2: バイク乗りとして生まれたからには 一度はカブに乗らないと

だいたいこのくらいの走行距離の中古です。目指せ表示0km。

画像3: バイク乗りとして生まれたからには 一度はカブに乗らないと

調べてみたら2000年式のスーパーカブC50 STDみたいです。

画像4: バイク乗りとして生まれたからには 一度はカブに乗らないと

でも50ccだと30km/h制限と二段階右折がしんどいので、75ccにボアアップして納車してもらいました。黄色ナンバーです。

画像5: バイク乗りとして生まれたからには 一度はカブに乗らないと

タイヤが小さいのが付いていてリトルカブ仕様になっています。オフ走るなら17インチのホイールに戻したいですね。

画像6: バイク乗りとして生まれたからには 一度はカブに乗らないと

ウインカースイッチが右手なの、最初めちゃくちゃ戸惑いました。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.