はっきりいって遜色なし。エアーが欲しくなった

画像1: はっきりいって遜色なし。エアーが欲しくなった

続いてエアー。Xバンドでとめるところは同じで、バイクを乗り降りする際に、たとえばキックの位置を探したりする時、うつむくところでブレースにヘルメットが当たったりするのを感じた。さすが、ビジョンはこういうのないもんな、と思っていたんだけど、ライディングしてみるとエアーもつけてないのと変わらないのだった。

重量的には、ビジョンよりも200gほど重いことになるが、たかが200gだから肩にのせてその差を感じるようなことはない。ライディングで身体が動いたときにゆれるかというと、そんなこともない。本当に、エアーはモトクロスをする限り、ビジョンとほとんど使い勝手がかわらず、優秀その存在を忘れさせてくれるほどだった。

画像2: はっきりいって遜色なし。エアーが欲しくなった

これは、おもいきり斜め下を向いた時。見ての通り、干渉しないのだ。

ネックブレースが世の中に出てきて、おおよそ14年ほどになるのだろうか。開発から数えて20年くらいになるはずだ。新しい装具ではもうなくなっていて、いつしか「ライディング中に、首の動きを妨げる」「邪魔だ」などの意見が散見されるようになり、ネックブレースをつける人も少なくなってきた。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.