いま、オフロードバイク用品でもっとも話題になっている、といえばネックブレースだと思う。「これはネックブレースなのか?」と思えるほどに薄く軽い形の、アトラスのヴィジョンがデビューしたからだ。先週取材にいった会場でもすでに散見され、さらにパドックで話題になっていた。というわけで、Off1.jpでは旧来の厚みのあるアトラス・エアと、アトラス・ビジョンを比較する形で検証をこころみたのだ。

画像1: 話題沸騰中の極薄ネックブレース“ヴィジョン”を試したが、“Air”と迷い始めた件

ATLAS
ビジョン

カラー: ブラック/ブラック
品番: S/Mサイズ : VC1-01-010
L/XLサイズ : VC1-01-020
価格: ¥29,700(¥27,000)
重量 : S/M:373g
L/XL:395g

画像2: 話題沸騰中の極薄ネックブレース“ヴィジョン”を試したが、“Air”と迷い始めた件

ATLAS
Air

カラー: ナイトシフト(ブラック)
品番: Sサイズ : AA3-01-000
Mサイズ : AA3-01-010
Lサイズ : AA3-01-020
重量:580g
価格: ¥46,200(¥42,000)

というわけで、早速比較でーす

ビジョンの場合

画像3: 話題沸騰中の極薄ネックブレース“ヴィジョン”を試したが、“Air”と迷い始めた件

首を後ろにそっても、はっきりいってほぼ当たる気配がない。

画像4: 話題沸騰中の極薄ネックブレース“ヴィジョン”を試したが、“Air”と迷い始めた件

前に曲げると、さすがに当たるのだが、違和感はほぼナシ

画像5: 話題沸騰中の極薄ネックブレース“ヴィジョン”を試したが、“Air”と迷い始めた件

横も、当てるのが大変なくらいだ

エアーの場合

画像6: 話題沸騰中の極薄ネックブレース“ヴィジョン”を試したが、“Air”と迷い始めた件

一般的な「ブレース」なので、早めに当たるがライディング中にここまでは上を向かない

画像7: 話題沸騰中の極薄ネックブレース“ヴィジョン”を試したが、“Air”と迷い始めた件

下は結構早めに当たる。思いつくシチュエーションとしては、ハードエンデューロのガレセクションで、リアタイヤをみたい時に苦労しそうだってことくらい

画像8: 話題沸騰中の極薄ネックブレース“ヴィジョン”を試したが、“Air”と迷い始めた件

横も早めに当たるが、シチュエーション的には思いつかない

ちなみに、ビジョンは正確に言うとメーカーもネックブレースだとは言っておらず「ネックカラー」であると表現している。当然ながら、首を固定する範囲が大きければ、ガード力は高いと言えるだろう。エアーは、正直に言ってものすごく安心感がある。これなら前転してもなんとかなりそうだ、としか言えない(前転できないし、激しい首を損傷するクラッシュをテストできないから…)が。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.