BETAのX-TRAINERをミニモトにしてしまったり、ビッグオフでCGCに参戦したりと、エンデューロ界のパイオニア、AD/tacこと和泉拓が、理想のビッグオフを追い求めて作り上げたのが、テネレ700カスタム「セロー700」だ。SNSでは本当にセロー700が発売されたと勘違いしてしまったコメントも見受けられたほど、完成度は高い。なんと、欲しいと言えば同じ仕様で作ってくれるという。

テネレは元々、パリダカレーサーをルーツに持つ車種で、開発もオンオフ比率を1:9に設定して開発されたというから、数あるアドベンチャーモデルの中でもオフロード性能はピカイチ。サスペンションは元々優秀で、モトクロスコースだけならノーマルのままでもそこそこ走れてしまう印象だったが、和泉がカスタムしたセロー700はサスペンションを柔らかくセッティングし、ノーマルシートに換装することで、セロー仕様に変身する。

画像2: ツーリングからハードエンデューロまでこなせるセロー700、注文承ります
画像3: ツーリングからハードエンデューロまでこなせるセロー700、注文承ります
画像4: ツーリングからハードエンデューロまでこなせるセロー700、注文承ります
画像5: ツーリングからハードエンデューロまでこなせるセロー700、注文承ります

フローティングターンというには、あまりに大迫力。これも装備重量205kgという、アドベンチャーモデルとしては比較的軽量な車重と、柔軟なサスペンションが可能にした動きだ。

画像4: モトクロスにもハードエンデューロにも対応する セロー700のオフロード性能

「去年の春先に試乗会で乗らせてもらった時に、テネレに使われているMT-07の2気筒エンジンは低速の粘りがすごくあって、フロントアップもやりやすいし、サスペンションもKTMほどハードじゃなくて、セローっぽいなという印象を受けたんです。それでネタでちょっと作ってみようか、という話になって…。

パニアケースにキャンプ道具を満載して500km自走して、CGCに出場してさわやかクラス一桁に入れるバイク。同時にアサマのようなハイスピードコースでも気持ちよく走れるようにしたかったんです」と和泉。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.