via text - ここをクリックして引用元(テキスト)を入力(省略可) / site.to.link.com - ここをクリックして引用元を入力(省略可)

第3戦から…

画像1: 第3戦から…

現時点では、トップのジェット・ローレンスが相当に速い。そこまでのペースは出せていないものの、下田によれば「スタートがよければ、ハンター・ローレンスレベルのライダーはパスできると思います。今回は転けなかったので、しっかり走れればこの辺にいられるんだな、というのはわかりました」とのことで、スーパークロス同様、下田の手応え的に言えば、下田をふくめ3強といってもいいのかもしれない。ジェット、ジャスティン・クーパー、下田。バイクが仕上がりきっていないことは、下田の話からみても明白なのだが、それもだんだん収束しはじめている。

スーパークロス終盤の「インテンシティ(爆発力)」もすこしずつ下田のものになりつつある。

画像2: 第3戦から…

「いまは、本当にスタートしか考えていません。ダブルクラッチのクセも完全になくなりました。スタートもよくなってきています」とのこと。名門プロサーキットは、キャメロン・マカドゥ、セス・ハマカーを欠き、またもや下田とオースティン・フォークナーだけのラインナップ。そのなか、エース格のフォークナーは不調で、いまや下田がトップを走る。ミッチー・ペイトンらの期待が、下田の背中にのしかかる。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.