2021年、アメリカのAMAスーパークロスの250SXイーストクラスで、日本人初優勝を遂げた下田丈選手。そして2020年、世界選手権WSSP300で日本人初優勝を遂げた岡谷雄太選手。同じ日本のKawasakiのバイクを駆って日本人初優勝という偉業を成し遂げた2人に対談形式でインタビューしてみました。3弾に分かれるこの対談の2回目のテーマは「ロードレースとオフロードレースの違い」。シーズンやトレーニングの相違点を話してくれました。
画像1: 下田丈×岡谷雄太。日本人初優勝の二人が分かちあうものとは vol.2「ロードレースとオフロードレースの違い」

下田 丈
2002年5月16日生まれ。モトクロスライダー。
2019年、モトクロスの全米選手権であるAMAプロモトクロス250デビュー。
現在はアメリカを拠点に、Monster Energy / Pro Circuit / Kawasakiより、250ccのマシンで争われるアウトドアのプロモトクロス250、そしてインドアのスタジアムで行われるスーパークロス250SXイーストに参戦中。2021年、AMAスーパークロス第16戦ソルトレイクシティ1250SXイーストクラスで、AMAスーパークロス日本人初優勝を飾った。

岡谷 雄太
1999年7月12日生まれ。ロードレースライダー。2018年、全日本ロードレース選手権J-GP3クラスで最多3勝を挙げ、ランキング2位・ルーキーオブザイヤー獲得。2019年、WSBK(ワールドスーパーバイク世界選手権)併催のWSSP300デビュー。現在はMTM Kawasaki MOTOPORTより、300〜400ccの市販車ベースのマシンで争われるWSSP300クラスに参戦中。2020年、WSBK第6戦カタルニアレース2で、WSSP300日本人初優勝を遂げた。

画像2: 下田丈×岡谷雄太。日本人初優勝の二人が分かちあうものとは vol.2「ロードレースとオフロードレースの違い」

シーズンは長いが1レースは短いモトクロス、シーズンは短いがレースウ
ィークが長いロードレース。

画像1: シーズンは長いが1レースは短いモトクロス、シーズンは短いがレースウ ィークが長いロードレース。

下田
ロードレースはシーズンに何戦くらいあるんですか?

岡谷
MotoGPだと今20戦くらいあって、WSBKは14、5戦くらい、僕が出ているWSSP300は7戦です。でもスーパーバイクは1開催で2レースあるので、単純に倍のレース数があります。

下田
僕はスーパークロスとモトクロス合わせて21戦あります。ロードレースはあまりわかりませんが、モトクロスはオフシーズンがだいぶ短いんですよ。冬はスーパークロス、夏はモトクロスで。
ロードレースはオフシーズンとかありますか?

岡谷
ロードは基本暖かい時期にしかできないので、4月から、遅くても11月くらいまでですね。11月から2、3月くらいまではオフシーズンです。それで寒い時期からウインターテストを始めて、そこからシーズンインしていきます。モトクロスよりはオフシーズンが長いと思います。

岡谷
レースウィークは金曜日から始まって日曜日までですか?

下田
土曜日だけです。レースは1日だけで、予選も同じ日です。金曜日の昼くらいに飛行機で行って、土曜日にレースして、日曜日の朝にはもう家に帰ってくるみたいな。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.