みなさん、夏ですね! 毎年言っていますが「今年の夏は去年よりも暑い気がします」。さて、バンタイプのトランポ乗りにはマスト、と言える夏の暑さ対策がありますよね⁉︎ そう、冷房で効率よく運転席を冷やす、後部座席との仕切りカーテンです。今回はまたまたOGUshowさんから出ているNV350の専用品を購入して試してみましたよ。

真夏にバンタイプの車に乗ったことがある人はわかると思うのですが、冷房の空気が全部後ろの荷室に流れていってしまって、肝心の運転席や助手席が全然涼しくならないんです。このカーテンはその冷気を無理やり前席に閉じ込めてしまおう、という究極のゴリ押しアイテムなんです。

画像1: 暑すぎるので、憧れのNV350キャラバンにカーテンつけてみた

今回購入したのは、こんなやつですね。以前のキャラバンではホームセンターで購入したカーテンを試してみたのですが、ハイルーフだったこともあって、上の部分に隙間ができて効果がイマイチだったり、バックミラーが役立たずになったりと、イマイチでした。

画像2: 暑すぎるので、憧れのNV350キャラバンにカーテンつけてみた

早速取り付けていきましょう。この商品はちょっとだけ穴あけ加工などのDIYが必要になるのですが、まぁさほど問題ないレベルです。毎度のことですがOGUshowさんはとても丁寧な説明書を同梱してくれますので、安心して作業ができますね。

画像3: 暑すぎるので、憧れのNV350キャラバンにカーテンつけてみた

まずはマスキングテープで穴を開ける位置に印をつけます。会社にマスキングテープがなかったので撮影用のパーマセルで代用……。

画像4: 暑すぎるので、憧れのNV350キャラバンにカーテンつけてみた

こんな感じで左右合計4箇所に穴を開けます。

画像5: 暑すぎるので、憧れのNV350キャラバンにカーテンつけてみた

印をつけたところにドリルで穴を開けます。この時、深く開けすぎないように、カラーを噛ませることが大切のようです。この辺もしっかり説明書に書いてありますので、よく読んで作業していきましょう。

画像6: 暑すぎるので、憧れのNV350キャラバンにカーテンつけてみた

開いた穴にトグラーを差し込み、ネジ穴を作れるようにします。

画像7: 暑すぎるので、憧れのNV350キャラバンにカーテンつけてみた

そしてそのトグラーの上からネジ付きスナップゲンコ。タッピングスクリューでトグラーのプラスチックにねじ山が作られていきます。これが4箇所終わったら、いよいよカーテン装着。

画像8: 暑すぎるので、憧れのNV350キャラバンにカーテンつけてみた

着きました!!

画像9: 暑すぎるので、憧れのNV350キャラバンにカーテンつけてみた

続いて左右の隙間を塞ぐためにマジックテープをつけていきます。まずは両面テープを貼る部分を脱脂。

画像10: 暑すぎるので、憧れのNV350キャラバンにカーテンつけてみた

特別汚れているところを発見したので念入りにパーツクリーナーでキレイキレイします。

画像11: 暑すぎるので、憧れのNV350キャラバンにカーテンつけてみた

マジックテープは合計6枚同梱されていますので、片側3箇所ですね。これもタイプによってどこに貼るべきか、説明書に書いてあるのですが、まぁこれは自分なりに貼りやすい場所でもいい気がします。

画像12: 暑すぎるので、憧れのNV350キャラバンにカーテンつけてみた

OGUshow
NV350キャラバン 仕切りカーテン
¥19,250(税込)

画像13: 暑すぎるので、憧れのNV350キャラバンにカーテンつけてみた

僕のキャラバンは黒いこともあって、日中の車内の暑さはハンパなく、乗り込んでしばらくは冷房をガンガンにかけてもどんどん冷気が後ろに流れていってしまって、汗がだらだら……。ナビに使っているスマホも熱でフリーズしちゃったりして、困っていたんです。でもこれで見事に解決しました。冷房を強くかけるのも、最初だけでいいので、燃費も少し良くなりましたし、音も静かで快適に運転できています。

ちなみに、リアのエアコンがフロントのエアコンより強いと、リア側の空気が前席に流れ込んできてしまうことがあるようです。まぁ、後ろはバイクしか乗っていないので、切っておけば問題ないですね!

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.