残すところ3戦になったAMAプロモトクロス。Rd.10アイアンマンにて、ついに我らが下田丈が、AMAプロモトクロスでモト2位に入り自己最高位を更新。2000年のハイポイントにおいて、成田亮が達成した日本記録に並んだ。

画像: 下田丈、プロモトクロスで初2位。シーズン終盤、いよいよアガる調子

スタート、スタート、スタート!

画像1: スタート、スタート、スタート!

モト1は6番手あたりからの好スタートを決めた下田。ジェレミー・マーティンの背後につける序盤、トップ争いはジャスティン・クーパー VS ジェット・ローレンス。序盤は膠着するものの、7番手マイケル・モシマンまでほとんど差が無い白熱のレース。7分経過時点で、いよいよジェットがクーパーをパス、4番手マーティンも、マックス・ボーランドをパスして展開が動き出した。下田は、ボーランドを10分経過時点でパス。マーティンは、どうにもペースの上がらないクーパーを仕留めにかかる。この時点で、下田はこのバトルを視界に捉えている状態だった。中盤、マーティンがジャンプでクーパーをパス。その後、マーティンはペースを上げて、2分を切るハイペースでジェットを捉えてしまうほど。

画像2: スタート、スタート、スタート!
画像3: スタート、スタート、スタート!

下田がクーパーをパスしたのは、17分経過時点。チャージし続けた結果、レッドプレートをねじ伏せ、3番手へ。トップはマーティンとジェットの一騎打ちがつづき、何度も横並びする激しいバトルに。しかし、22分経過時点で、マーティンが大きくクラッシュ。手首を確認する仕草をみせ、レースをリタイア。下田は2番手へ浮上、マイケル・モシマンからチャージを受けるシーンもあったが、終盤まで危なげなく走りきって自身初の2位を達成した。

画像4: スタート、スタート、スタート!

モト2、抜群のクラッチミートで1車身前に出た下田は、1コーナーを回る前にイン側にジェットがいることを確認し、キッチリラインを変えてイン側を締めにかかった。念願のホールショットでレースをスタートできた下田丈は、前半をリード。レースオーダーは、2番手にジェット・ローレンス、3番手にジャスティン・クーパーとランキング1-2位を従える展開に。前に出られれば勝負できる、と言い続けてきたそのチャンスがいよいよやってくることになった。

画像5: スタート、スタート、スタート!
画像6: スタート、スタート、スタート!

ジェットの執拗なパッシングに、横並びになる熾烈なバトルが繰り広げられたが、ジェットが4周目に下田をパス。先行するジェットを逃すまいと視界に捉えたままレースは進行。クーパーが背後から迫るものの、少しずつリードを拡大。15分経過時点でラッパーが出始め、ジェットとの差は6秒弱といったところ。19分経過時点では、RJ・ハンプシャーがクーパーをパスして3番手へ、下田とジェットの差は膠着状態が続く。後半になって下田は若干ラップタイムを落としたところ、ハンプシャーが迫り、ジェットには戦いやすい形に。26分時点で下田はハンプシャーを前に出し、一触即発のバトルが続くが、再び捉えることはできず3位でフィニッシュ。ジェットは、ピンピンで3度目の総合優勝を勝ち取り、このシーズン終盤でランキングトップに浮上。2年目にして、チャンピオンへの道が見えてきた。

画像7: スタート、スタート、スタート!

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.