via text - ここをクリックして引用元(テキスト)を入力(省略可) / site.to.link.com - ここをクリックして引用元を入力(省略可)

興奮の自身初2位の騒ぎも覚めやらぬまま、AMAプロモトクロスの残り2戦が刻一刻と近づいている。今季2度目になるパラレースウェイ、そして例年なら開幕戦に位置づけられるハングタウンが、2週連続で開催。アイアンマン後の下田丈を、直撃した。

画像: MOTO2、下田はホールショットからジェット・ローレンスとのバトルに。65時代から、世界を股にかけてライバル関係を築いてきた二人は、仲が良いことでも知られていて、スーパークロスの下田の初優勝は、真っ先にその喜びを分かち合いにかけよった。この先、この二人に何度も我々は泣かされることになりそうだ

MOTO2、下田はホールショットからジェット・ローレンスとのバトルに。65時代から、世界を股にかけてライバル関係を築いてきた二人は、仲が良いことでも知られていて、スーパークロスの下田の初優勝は、真っ先にその喜びを分かち合いにかけよった。この先、この二人に何度も我々は泣かされることになりそうだ

「アウトドアのほうが、やりきった感がありますね」

画像1: 「アウトドアのほうが、やりきった感がありますね」

考えてみれば、今季のスーパークロスと同様だったのかもしれない。下田丈は、チャンピオンシーズンだと意気込むものの、なかなか波に乗れなかった。対して、ライバルのジェット・ローレンスは序盤から好スタートを決めてアイアンマンでレッドプレートを取り返している。ともかく、このシーズン終盤になって下田は調子を上げていて、既報のとおり自己最高位をアイアンマンで達成したばかり。

スーパークロスの初優勝と同じように、下田は淡々と喜びをかみしめた。いつもよりテンションが少し高く、喜びにあふれながら「普通にうれしい」と言う。「スーパークロスとちがって、長くタフなレースなので、アウトドアのほうがやりきった感がありますね」とのこと。

画像2: 「アウトドアのほうが、やりきった感がありますね」

「7〜8番手くらいでスタートできました。いつもと2〜3人くらいの差ですが、この差がとても大きいですね。1周目で5番手くらいで帰ることができているので、トップとの差がつかずに攻めきれた結果です。ジャスティン・クーパーをパスしていますが、ちょっといつもより遅かった気がします」とMOTO1の2位を語る。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.