via text - ここをクリックして引用元(テキスト)を入力(省略可) / site.to.link.com - ここをクリックして引用元を入力(省略可)

モト2、成功したスタート

画像1: モト2、成功したスタート

しかし、モト2のスタートはホールショットとまではいかずとも、成功と言えるはずだ。見てのとおり1車体分しか差がない。

画像2: モト2、成功したスタート

しかし、やはり序盤の勢いが足らず、チームメイトのオースティン・フォークナーに先行されてしまう。これを数周に渡って繰り広げ、トップのジャスティン・クーパーをどんどん先に行かせてしまう展開に悩まされた。

画像3: モト2、成功したスタート

2番手まで追い上げてクーパーに追いすがる下田だったが、届かず。タイトルを賭けたヒートで、クーパー、ジェットの二人は硬直。ジェットは7位以内でタイトルが決まるという状況の中、5番手→3番手までジャンプアップするものの、無理をしないジェントルなライディング。クーパーもそれを察してか、下田とのリードを付かず離さずのペースで走行。そのまま差が縮まることもなく、クーパーが優勝、ジェットが初タイトルを獲得した。

画像4: モト2、成功したスタート
画像5: モト2、成功したスタート

宿敵でありながら、仲のいいジェットを祝福する下田。「もう少し前にいければよかったんですけどね」と言葉少なに笑顔でコメント。後日談を、お楽しみに。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.