ウエストウッドが新しく取り扱いを開始したRXRというプロテクター、日本ではあまり馴染みのない名前で、見た目もパッと見とてもシンプルで「1万円くらいかな?」と思って値段を見ると、「え? 4万円!?」 でも納得なんです。そう、実は我らが下田丈がジュニアの頃から愛用し続けていて、AMAのトップライダーになった今でも愛用しているメーカーなのです。
画像1: JO SHIMODAが愛用するRXRプロテクターが日本上陸、ASAテクノロジーってなに?

現在国内に流通している他のプロテクターとの大きな違いは空気の力により体を保護してくれる点。ASA(エアーショックアブソーバー)テクノロジーにより、胸部、腹部、背部のプロテクター内側に空気のクッションを生成、衝撃を受けた時にダメージを分散させてくれるんです。

画像2: JO SHIMODAが愛用するRXRプロテクターが日本上陸、ASAテクノロジーってなに?

RXR(アールエックスアール)
R-PROプロテクター

¥41,800(税込)
カラー:ホワイト/ブラック、ブラック/ホワイト、ブラック/ブラック
サイズ:KIDS、S、M/L
2021年9月下旬入荷予定

同メーカーの従来品から、安全基準とプロテクション能力をそのままにインフレータブルパーツを小型化することで耐久性と快適性を実現。さらにエアバッグ2.0を小型化した特許「リアアブソーバー」を備え、スリムなスタイルを実現。最大厚さ3cmと超薄型で、流行りのパツパツウエアにも似合いそうですよね。

下田が愛用しているのもこちらのモデル。

画像: RXR(アールエックスアール) R-PROプロテクター

RXR(アールエックスアール)
Cyb-Rプロテクター

¥36,300(税込)
カラー:ブラック/ブラック、ブルー/ブラック、レッド/ブラック
サイズ:S、M/L
2021年9月下旬入荷予定

こちらもエアクッション最大10PSIまでを装備。プラスチック製品やフォーム製品の最大5倍の保護能力を誇ります。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.