2018年からG-NET全日本ハードエンデューロ選手権などで見かけるようになったマリオ・ロマン愛用のスタックベルト、SLINGFASTがついに正式に日本へ。自身にも、引っ張ってくれる観客にも嬉しいその機能を改めて紹介しましょう。
画像: アイデア賞、マリオ・ロマン愛用のスタックベルトがついに正規輸入開始

SLINGFAST
オートリールスタックロープ

¥15,950(税込)
カラー:BLACK/BLUE, BLACK/ORANGE, BLACK/RED, BLACK/YELLOW, WHITE/BLUE,
WHITE/ORANGE, WHITE/RED, WHITE/YELLOW, ORANGE/ORANGE, BLUE/YELLOW, YELLOW/BLUE
ロープ長:130cm
重量:550g
車種適合: 汎用(アウターチューブ径Φ59-61mm,取付部に必要な高さ25mm,中心間距離190mm,)

スタックベルトは自分のためにも周りの人のためにもハードエンデューロライダーにとっては付けるのがマナーとも言えるほど必需品です。

画像1: SLINGFAST オートリールスタックロープ

2本のネジでフォークの上部に簡単に取り付けができるため、バイクの取り付けには2分もかかりません。さらにアクションカムの取り付け台座付き。カラーは全11色もあるので、自分の車体の色に合わせて選んでみてください。

画像2: SLINGFAST オートリールスタックロープ

例えばこんな激坂時のサポートとなると、バイクのホイールやハンドルバー、マッドガード、サスペンションを直接手に持って引っ張るのは危険が従い、時間もかかってしまいます。従来のスタックベルトを使用するとなると車体のすぐ近くでベルトを上に引いてあげる状況になってしまうため、足場が悪い時は力が思ったように入りません。

しかし、オートリールスタックロープは130cmまでロープが延長されることによってサポーターは
重心が最大限に安定した状態で安全にアシストすることができます。

画像3: SLINGFAST オートリールスタックロープ

アシスト能力だけではなく、転倒衝突時にヘッドライトユニットの保護の役目も果たしてくれます。
重量はわずか550gと、バイクの動きに支障をきたすこともないでしょう。

画像4: SLINGFAST オートリールスタックロープ

複数人でのアシストも130cmの長さがあれば、安全かつスピーディーにできそうですね。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.