全日本エンデューロ選手権で4度チャンピオンを獲得、日本人唯一のISDEゴールドメダリストである釘村忠選手が、初級〜中級エンデューロライダーに向けてライディングテクニックを教えてくれるシリーズをOff1.jpにて開始!

第一回、フルスロットルライテクに続き、第二回となる今回は、スタート編です。「モトクロスではスタートが重要だ」という話がありますが、実はJNCCやJECをはじめ、エンデューロレースでもスタートはかなり重要な役割を持ちます。モトクロス出身のエンデューロライダー、釘村忠の教えを参考に、レースの主導権を握るため、そしてトラブルの起こりやすいスタートをしっかりキメるため、ぜひ安定したスタートを身につけましょう。

画像: 釘村忠 1984年3月5日生まれ、宮崎県出身。モトクロスのIAライセンスを持つエンデューロライダー。2015年、2017年、2019年、2020年に全日本エンデューロ選手権IAクラスでチャンピオンを獲得。2019年にはポルトガルで開催されたISDE(インターナショナルシックスデイズエンデューロ)にて日本人初のゴールドメダルを獲得。

釘村忠
1984年3月5日生まれ、宮崎県出身。モトクロスのIAライセンスを持つエンデューロライダー。2015年、2017年、2019年、2020年に全日本エンデューロ選手権IAクラスでチャンピオンを獲得。2019年にはポルトガルで開催されたISDE(インターナショナルシックスデイズエンデューロ)にて日本人初のゴールドメダルを獲得。

スタートのフォームを徹底分析
左右のバランスを強く意識する

画像1: スタートのフォームを徹底分析 左右のバランスを強く意識する

モトクロスに限らず、レースのスタートの時には、左右に他のライダーがいることが多いと思います。そんな時、一番気になるのは他のライダーとの接触でしょう。密集する1コーナーではある程度仕方ありませんが、そこのリスクを回避するためにも、直線で先頭に出たいところです。もちろん、1人で走るオンタイムエンデューロではその限りではありませんが、左右に振られないことでタイヤのグリップが増し、結果的にタイムアップに繋がります。

まずはスタートのフォーム、上の写真のように、綺麗な左右対称になっていることが理想です。練習の時などに友達に撮影してもらうなどして、このフォームを身につけましょう。

画像2: スタートのフォームを徹底分析 左右のバランスを強く意識する

横から見るとこんな感じ。上半身はハンドルに覆い被さるように、前傾姿勢をとります。これは急加速でフロントタイヤが浮いてしまわないためと、加速時のGに耐えるためで、十分に加速してGが安定するまで維持します。

画像3: スタートのフォームを徹底分析 左右のバランスを強く意識する

座る位置はシートの前方、これもフロントタイヤが浮いてしまわないためです。

画像4: スタートのフォームを徹底分析 左右のバランスを強く意識する

釘村は、スタートでは両足を下ろす派。片方の足をステップに乗せていると、左右対称が崩れ、バランスを崩しやすいとのこと。

画像5: スタートのフォームを徹底分析 左右のバランスを強く意識する

足でニーグリップができないため、代わりに太ももでしっかりバイクを挟みます。

画像6: スタートのフォームを徹底分析 左右のバランスを強く意識する

アクセルは全閉ではなく、パーシャルくらい開けておきます。フロントフォークが少し沈むくらいが理想的。もちろん、ブレーキをかけないと進んでしまいますので、フロントブレーキを軽くかけておきます。

画像7: スタートのフォームを徹底分析 左右のバランスを強く意識する

クラッチも半クラッチ。進むか、進まないかくらいで維持しましょう。そしてスタートフラッグを合図に、ブレーキレバーとクラッチレバーをほぼ同時にリリースします。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.