海外のライダーの写真や動画を見ていると、よく目にするのが、このRed Bullのゴーグル。そのかっこいいデザインに憧れて入手しようと思っても、これまでは個人で輸入するくらいしか手段がありませんでした。ところが今年、このRed Bull SPECTの日本への正規輸入が開始されたんです!
画像: レンズ、スポンジ、バンドが交換可能で、永く使い続けられるRed Bull SPECTゴーグル

Red Bull SPECT
STRIVE MXゴーグル

¥33,000(税込)
カラー:マットブラック レッドフラッシュレンズ
付属品:ソフトゴーグルバッグ、ノーズガード、スペアシングルクリアレンズ、スペアフェイスフォーム

元々ウインタースポーツ用のゴーグルは入ってきていたようなのですが、モトクロス用は今回は初めてというRed Bull SPECT。ゴーグルの種類は大きく分けて2種類で、こちらのSTRIVEは上級モデル。全5色のカラーリングが設定されており、それぞれレンズのカラーも違っています。

もちろん、ゴーグルとしてはかなり高級な部類に入ります。ですが見ての通り、視界の広さは抜群。レンズも光の屈折を科学的に分析し、地面の凸凹が見やすい構造をしています。さらに優れたアンチフォグ性能やプロテクションを実現。ノーズガードの脱着も可能になっています。

画像1: Red Bull SPECT STRIVE MXゴーグル

さらにゴーグルでよくダメになってしまう、顔に当たるスポンジ。これがベルクロ装着式になっているんです。予備のフェイスフォームも同梱されているので、モトクロスレースのヒート1とヒート2の間や、耐久レースの途中で交換することもできちゃいます。

そしてこのフェイスフォームは日本人の顔に合わせたアジアンフィットも設定されていて、単体での追加購入も可能なんです。

画像2: Red Bull SPECT STRIVE MXゴーグル

スペアシングルクリアレンズも付属します。見ていただければわかる通り、レンズはプリカーブドレンズを採用しており、通常のゴーグルよりも歪みが少ない仕様。この辺がお高い理由なんですかね〜!

画像3: Red Bull SPECT STRIVE MXゴーグル

Red Bull SPECT
STRIVE ゴーグル用ヘッドバンド

¥2,970(税込)
カラー:ダークブルー、ブルー、ホワイト、ブラックイエロー、ブラック、レッド

さらにこちら、ヘッドバンドが別売りで用意されているため、汚れてしまったらこちらだけ購入して付け替えが可能。ゴーグルをヘルメットに固定するためのシリコンゴムも波状で強力にグリップしてくれました。

もちろん別売りではロールオフシステムやティアオフも用意。

画像: Red Bull SPECT STRIVE ゴーグル用ヘッドバンド

Red Bull SPECTゴーグルにはこのSTRIVEの他に、比較的手が届きやすいWHIPも6色ラインナップされています。WHIPにはバンド、スポンジの交換機能はついていませんが、ノーズガードの脱着機能など、基本的なモトクロスゴーグルの機能を満たしています。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.