画像11: ダカールラリーを走る、2022年式CRF450RALLYの足下
画像12: ダカールラリーを走る、2022年式CRF450RALLYの足下
画像: 角パイプの内側にオス型がはいっていて、まわりをメス型がつつむ

角パイプの内側にオス型がはいっていて、まわりをメス型がつつむ

スウェージング、という加工ができるマシンへ投入する。スウェージングマシンは、振動で角パイプを打ち付け、テーパーの形状にするもの。絞りを作るのだが、いわばアルミの鍛造だ。

画像13: ダカールラリーを走る、2022年式CRF450RALLYの足下

下が材そのもの、真ん中がスウェージング済み。磨きの工程を経て、上の形状になる。

画像14: ダカールラリーを走る、2022年式CRF450RALLYの足下

そこからプレスをかけて、アーチ状にする。

画像15: ダカールラリーを走る、2022年式CRF450RALLYの足下

切削なども終わった、アーム部分。

アクスルを溶接して…

画像16: ダカールラリーを走る、2022年式CRF450RALLYの足下

さらにブリッジ部分も溶接を。すべて、溶接ロボットで正確にこなされる。

画像17: ダカールラリーを走る、2022年式CRF450RALLYの足下

精度を計測、細かな最終的な調整をかける。加工後まもなくおこなうため、修正が可能なのだとか。

画像18: ダカールラリーを走る、2022年式CRF450RALLYの足下

時にジャンプ、時にガレ場。ダカールラリーのステージは、年々難しいモノになっており、マシンへの負担も巨大化している。スイングアームは、その厳しさを直に受け止めるパーツだ。剛性が高ければいいというものではない。最適化されたねじれ剛性、クッション性、そしてタフな強度があってはじめて成り立つのだが、近年では、さらにその性能に磨きをかけて、テーパー形状で後端部を軽量化しているわけだ。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.