via text - ここをクリックして引用元(テキスト)を入力(省略可) / site.to.link.com - ここをクリックして引用元を入力(省略可)

トランポを選ぶとき、クルマも好きだからワーゲンバスつまりタイプ2をトランポにできないか、考えた人は手を上げなさい。はい。そうですね、エンジンがどどーんとリアに載っているんで、タイプ2をトランポにするには、サイドドアからバイクを積まなくてはならない。まぁ、それでもタイプ2をトランポにしちゃった人たちも、知ってるけど。でも、今度復刻されるワーゲンバスの現代版「ID.Buzz」ならEVなんでリアゲートもしっかりあるから、長年の夢もかなうかも!

画像: ワーゲンバスをトランポにする夢、叶うんじゃないすかね。しかもEVで

VOLKSWAGEN
ID.Buzz

ID.Buzzは、コンセプトカーとして発表されてから、市販車の登場が待ち望まれていたモデルだけど、このたび欧州でいよいよ実車がお披露目。5月には受注を開始し、秋には欧州でマーケットインするとのこと。ハイブリッドではなく、77kWhのバッテリーを搭載、モーターは150kWで、タイプ2同様にリア駆動ってところもニクイ。

画像1: VOLKSWAGEN ID.Buzz

発売されるのは、ワゴンタイプとバンタイプ。

画像2: VOLKSWAGEN ID.Buzz

ワゴンタイプは、フルサイズのバイクを積むには少し苦しそうだけど…

画像3: VOLKSWAGEN ID.Buzz

バンタイプは、欧州のパレット(1200×800 mm)を2つ積めることがPRされている。つまり、荷室長は1600mm以上。この数値はだいたいステップワゴンと同等なので、余裕とは言えなくとも、フルサイズのオフロードバイクを積むことができると推測される。ワゴンタイプも、工夫すれば積めるのかもしれない。

画像4: VOLKSWAGEN ID.Buzz

コンセプトカーは、あまりに未来的だったコクピットも、市販車然となった。こちらはバンのコクピット。もちろん、最新の電子制御が組み込まれていて、トラベルアシストと呼ばれる自動運転も注目したいところ。

日本にも正規輸入されることを、大いに期待したい!

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.