今季全日本モトクロス選手権の開幕戦から、KX450のプロトモデルがデビュー。2023MYのモデルチェンジは大いに期待されたのだが、本日発表されたばかりのリリースではKX450のフルモデルチェンジは見送りの様子。しかし、もっともサンデーレーサーに近しいKX250は大きくパワーアップの報だ。

画像: KX250の2023MY新型は、吸気系の見直しでさらなるパワーアップへ。KX450はマイナーチェンジに留まる

Kawasaki
KX250

847,000円
(本体価格770,000円、消費税77,000円)

発売予定日 2022年9月1日(木)

画像1: Kawasaki KX250

今モデルでは、エンジン細部まで見直したもので、最もドラスティックに変わったのは吸気経路。旧モデルよりもスムーズにエアクリーナーから流れ、セカンダリインジェクタは下吹きに変更。吸気バルブも充填効率を重視して再設計されている。

画像2: Kawasaki KX250

また、低中速域のトルクを向上のためエキゾーストヘッダーパイプは管長を長めに。形状を見る限り、外に少し張り出した形へ変更している模様。全回転域の性能向上を達成しているとのこと。AMAスーパークロスとAMAモトクロスの4ストローク250ccクラスにおいて、最多タイトルを獲得しているだけあり、KXの実パワーは過去より定評が高く、さらなるモアパワーには期待がかかるところ。

画像3: Kawasaki KX250

カワサキから提供されているトルク・パワーカーブの新旧比較によれば、特に低速域のトルク、高回転域のパワーが向上。レブリミッターも若干ながら上がっているように見受けられる。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.