アドベンチャーブームも一息ついて、「もう少し扱いやすいアドベンチャーバイクがほしいな」という声が聞こえてきていた昨今。BMW、トライアンフなど各メーカーが800ccクラスのミドルサイズ・アドベンチャーをリリースする中、KTMが満を持して発表してきたのが790アドベンチャーだ。しかし、特にアドバンスモデルである「R」は、もはやアドベンチャーの枠を飛び出していると言っていいエキサイティングな出来映えであった。

驚くほどパワフルな"ラリーモード"

画像: 驚くほどパワフルな"ラリーモード"

エンジンに関しては、基本パッケージはノーマルもRも同じ。ところが、ここにも大きな勘違いがあった。

「エンジンは同仕様なのですが、Rには"ラリーモード"が追加されていて、これがとんでもなくパワフル。そもそもラリーに使えるモードなのだろうか、と疑ってしまうほどに吹け上がりがよく、レスポンスが鋭い。正直なところ、僕のテクニックでこの"ラリーモード"を活かせる場面はロードくらいしかありません」

790アドベンチャーは単純に690エンデューロの上位互換ではなく、まったく別のカテゴリーに属するマシンだということは、特筆すべき所。汎用性は690の比にならないほど高い。1090でもオフロードに行くのをためらってしまうライダーや、あるいはより自由にオフロードを楽しみたいというライダーにオススメできる。現代のKTMが仕上げた最高に元気なビッグオフなのだ。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.