前戦の関東大会では、3位表彰台に立ちランキング6位へ上がったGOSHI Racingの石浦。第3戦の舞台である世羅グリーンパーク弘楽園は、昨シーズンのリニューアルからさらに進化していた。世羅の路面は、ハードパックの代名詞とも言えるものだったが、掘り返しと散水によってコーナーに轍もできやすいコースコンディションに。何本かのラインの深い轍ができた。

スタートに課題を残すヒート1

画像1: スタートに課題を残すヒート1

決勝レースのヒート1は、クラッチミートの回転数を誤り、25番手あたりのスタート。後方から追い上げのレースとなった。序盤のペースは悪くなく13番手あたりまで順位を回復、ここから鳥谷部晃太の後を追うレースとなった。後半ペースを上げ最終順位は11位、スタートに課題が残った。

画像2: スタートに課題を残すヒート1

縄田メカは「ヒート1のレースリザルトは11位。昨シーズンはノーポイントだったので、それから考えるとまずは良いと思います。スタートで出遅れてしまいましたが、後方から追い上げられたレースでした。ペースもタイムも決して悪くないのでヒート2は結果を残します」とコメント。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ トライアンフのサイトはこちら FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.