via text - ここをクリックして引用元(テキスト)を入力(省略可) / site.to.link.com - ここをクリックして引用元を入力(省略可)

高回転域の性能向上は、ハードEDにも

画像1: 高回転域の性能向上は、ハードEDにも

2019年モデルのYZ250Fを追随する形でニューエンジンとなったYZ250FXだが、Fの高回転域の制の向上を引き継ぐ形をとった。特に、XCでは長いヒルクライムなどでギヤを長く使えることが有効であり、幅広いレベルのライダーにマッチするのではないだろうか。

画像2: 高回転域の性能向上は、ハードEDにも

YZ450FXで先行していたスマホチューナーも、もちろん装備。当日のセッティングを聞きに、ヤマハピットを訪れる人も、増えそうだ。

画像3: 高回転域の性能向上は、ハードEDにも

クラッチもYZ250Fとは特性を変更、耐久力を向上しているという。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ トライアンフのサイトはこちら FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.