7月30日よりレースが始まっている全米アマチュアモトクロス選手権、通称ロレッタリンモトクロスに日本の下田丈が参戦。年齢の都合上、最後のアマチュアシーズンとみられるこの大会で、目指すは頂点しかない下田が初戦痛恨のミス。下田が参戦する2クラスのうち、この7月30日は250 Pro Sportsクラスのヒート1であった。

「生まれて初めて。こんなことが起きるとは」

画像1: 「生まれて初めて。こんなことが起きるとは」

7月29日の練習走行では、クラストップタイム。全米における前評判としても、今季最注目とされる下田丈は、いやでもメディアに囲まれる立場にある。17歳、気負わず臨めというのが無理だろう。

画像: 42の札を見る下田。ああ…このときから…

42の札を見る下田。ああ…このときから…

いやなムードは、グリッドにつく前からあった。ヒート1のグリッドは、くじ引き順に選べるのだけど、そのくじを引いた瞬間の下田は、顔を珍しいほどにゆがませながら叫んだ。下田の引いたくじは、42番。42人グリッドだから、まさに「最悪」のくじを引いたのだ。思えば、ロレッタリンでいいくじを引いた覚えが無い。下田に言わせても「いつも、くじ運が悪い。去年は38番と40番、一昨年は11番と37番…」と全部覚えているくらい、悪い。「もう、大当たり。ある意味」と。

まさに「残り物」のグリッドへ滑り込んだ下田は、アウト側より。奇しくも、隣にライバルの一人ピアース・ブラウンが並んでいた。2年前に取材した下田より、だいぶ緊張感が見て取れた。居心地の悪さか…落ち着かない。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ トライアンフのサイトはこちら FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.