通天閣のインパクト

折口 個人的に言いますと、去年のシティトライアルは通天閣だったから、特に関東の方々かな、夜遅くまで新世界にいて24時間串カツ食べれますんでね、でホテルからね、目の前じゃないですか会場が。あれすげえ良かったなと。遠くから来られている方々からすると、やっぱり串カツの新世界っちゅうのはなかなか遠いんですよね。

画像1: 通天閣のインパクト

藤原 たしかに通天閣のインパクトは忘れられない。

折口 ここだけの話ですけど、僕の家が通天閣の近所で、慎也さんも仲いいんで、たまに遊びによく大阪を歩くわけで、家からも新世界歩いて行ける距離で、以前一緒に歩いて行ったんですけどね。2人で改めてこの新世界の商店街を見て思った事、狭いな、ようやったなって。

藤原 マジで狭かった。改めて思った。

折口 ほんとようやったなって、2人でほんまに言いました。ここだけの話です。

藤原 ほんと、まだまだ可能性あるんで、どこまで上り詰めて行けるか、分かんないすけど。

折口 1回目も2回目もそうだと思うんだけれども、お客さんがどんどん発想力をかき立てられる。え、ここでできたんだから、あそこでもできるよねって。お客さんからすごく声が大きかったっていうのは、特徴的だったし、2回目の時、当日摂津かな、今回の万博会場が近い友人がいて、その友人は台湾人なんですけれども、正直トライアルもこの距離で見たのは初めてだったらしくて、「これすごいよお、台湾にも持って行きたい」ってすごい熱く語ってくれて。

画像2: 通天閣のインパクト

藤原 SNSでメッセージとか、いっぱい飛んで来るんですよ。「慎也君、ここの場所どう」とか。誰この人、とか思いながら。でもね、ほんとそれってうれしくて、ライダーもライダーじゃない人も、モータースポーツが好きな人も、勝手にイメージを膨らませてくれるのは、ほんとないんよね。だって僕が鈴鹿8耐見て、鈴鹿で出来るんだったら三宅島でもできるでしょみたいな、思うかっていったら思わないね。やっぱ全然ちがうんだよ、発想が。やっぱシティトライアルってレースって形やけど、そういうイメージをかき立てられて、共感してもらえるんやな思て。

折口 一般のお客さんにアンケートを募ったら、どうなんですかね? 自分が思うシティトライアルみたいなものをアンケートで取ってみて、みんなの思いを集約したら、果たしてみんなどんなイメージをしているんだろうなと。そんなんもやってみたら結構面白いヒントを得られるのかなあと、ふと思っちゃいました。中にはねもしかしたら、どこやねん、そこみたいな所をいう方もいれば、東京タワーだったりとか、もしかしたら渋谷の交差点を止めちまえという発想の方もいるかもしれません。

藤原 でもリアルにいるよ。渋谷の交差点止めちまえという人が。

折口 なんかそんな声も吸い上げたら、みんなで作るシティトライアル感が出てすごいいいんじゃないかと思いますけどね。そんなんやってみます?

藤原 そういう声はやっぱり聞きたいですよね。それは実現できるかできないかは別として。

折口 そうそう。

藤原 やっぱ夢っていうのは語るもんやし、いいね。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.