via text - ここをクリックして引用元(テキスト)を入力(省略可) / site.to.link.com - ここをクリックして引用元を入力(省略可)

アメリカのヘルメットは、欧州と考え方が違って重い。そもそも規格がまるで違うから、重量をおさえづらいのだ。長年FOXのV1ヘルメットを愛用してきたが、そこだけが気に掛かっていた。が…新型の出来映えが良すぎて、軽すぎて、たまげた…。

画像: 公道OKなFOX新V1ヘルメットが、びっくりするほど軽かった件

FOX
V1ヘルメット プリ

カラー ブラック
品番 23976-001
価格 ¥30,240(¥28,000)
サイズ S ・ M ・ L

画像1: FOX V1ヘルメット プリ

こうして持ってみると、あからさまに軽いのだ。帽体は新設計のインジェクション成形ポリカーボネートとABSシェル製ということで、このあたりが効いているハズ。

画像2: FOX V1ヘルメット プリ

ちなみに、この新V1ではMVRS(マグネティック・バイザー・リリース・システム)というFOX独自の規格で、マグネットでバイザーを脱着できる。クラッシュ時に外れることで、首への負担を軽減するのが目的だ。通常のネジ留めタイプも、バイザーはプラネジでとめてあり、容易に外れやすくなっているのだが、MVRSはそれより外れやすい。

画像3: FOX V1ヘルメット プリ

とはいうものの、手ではずそうとしても、かなりがっちり付いているので、走行中に外れるなんてコトはない。下田丈の属するガイコホンダは同じくFOXのV3を使う。

画像4: FOX V1ヘルメット プリ

この白ヘル、かっこいいよなぁ…。V1にもマットホワイトのラインナップあり。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ トライアンフのサイトはこちら FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.