via text - ここをクリックして引用元(テキスト)を入力(省略可) / site.to.link.com - ここをクリックして引用元を入力(省略可)
画像3: 時速40kmまで出る、二台目のヨツバモト。モトクロスにもトライアルにも

シートも、コンバーチブルになっている。

画像4: 時速40kmまで出る、二台目のヨツバモト。モトクロスにもトライアルにも
画像5: 時速40kmまで出る、二台目のヨツバモト。モトクロスにもトライアルにも

動力は、ほぼミャウの倍。750Wモーターに、48Vバッテリーの組み合わせは、中国だったら公道で走っている電動スクーターと同等だ。オトナが乗っても、40kmまで出るだけのパワフルさだというが、「出力を調整できるので、ミャウからの乗り換えもスムーズ」と言う。

画像6: 時速40kmまで出る、二台目のヨツバモト。モトクロスにもトライアルにも
画像7: 時速40kmまで出る、二台目のヨツバモト。モトクロスにもトライアルにも

前後サスペンションが、より本格的なダートバイクライドを可能にする。

元々、ストライダーで育った子供達が、育つと二輪から離れていってしまうことを嘆いて立ち上げたプロジェクト。現在、JNCCでもヨツバモトのレースが段々育っていて、子供達が毎戦楽しみにJNCCにやってくる。少しずつマーケットが醸成されていくのを見ると、なりふりかまわずエールを送りたくなるというものだ。なお、このWOOFは「ほぼ」市販予定。2020年東京モーターサイクルショーには、完璧な市販版が展示されるはず。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ トライアンフのサイトはこちら FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.