via text - ここをクリックして引用元(テキスト)を入力(省略可) / site.to.link.com - ここをクリックして引用元を入力(省略可)

ヨツバモトをご存じだろうか。ダートフリークが手がける、次世代を創るための一大プロジェクトだ。これまで、12インチ・16インチの2種類が出ていたのだけれど、このEICMAでワールドプレミアリリースされたのは、新プラットフォーム。今までのものが、PW50に乗る前だとすれば、これはCRF50Fと同様のクラスと想定しているとのこと。

時速40kmまで出る、二台目のヨツバモト。モトクロスにもトライアルにも

画像1: 時速40kmまで出る、二台目のヨツバモト。モトクロスにもトライアルにも

すでに、東京モーターサイクルショーでも、このWOOFプロトタイプが展示されていたが、EICMAはより市販タイプに近いプロトタイプ2になる。先代よりガッシリしたフレームワークに、専用設計されたカートリッジ式バッテリー(12・16インチのミャウはフレームインされていて、ユーザーではさわれなかった。充電が切れたら、再充電する必要があった)。

画像2: 時速40kmまで出る、二台目のヨツバモト。モトクロスにもトライアルにも

おもしろいのは、この機構だ。ステップとスイングアームのピボット位置を可変させられることで、モトクロス的なスタイルと、トライアル的なスタイルのコンバーチブルになっている。開発者の伊藤さんによれば、このヨツバモトまではモトクロスやトライアルの分け隔て無く遊んでほしいという想いがあるのと、開発をおこなっているダートフリーク付近(愛知)には、モトクロスとトライアル場が数多くあって、伊藤さん自身も週末毎にモトクロス、トライアルと分けながら愉しんでいるとのこと。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ トライアンフのサイトはこちら FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.