目下、連勝を続けるKTM勢と、例年大きな戦力をそぎ落とされていき、優勝を手にしていない現ホンダ。2020年の最新型CRF450RALLYは、初出からすでに5年が経過。その熟成の途を探る。

画像: ダカールを走るHRC CRF450RALLY、最新型

MY2020
Honda CRF450RALLY

ENGINE
TypeLiquid cooled single cylinder DOHC
Capacity449.4 cc
Bore x stroke97.0 x 60.8 mm
StarterElectric starter
CarburationFuel Injection
LubricantMotul 300V
Transmission6 speed
OutputOver 45 kW
FRAME
TypeAluminium twin tube
Sub-frameCarbon fibre
Fuel tankFront + rear (pastic)
Total fuel capacity33,7 litres
Front forkShowa. Type invert, ø51, travel 310 mm
Rear suspensionShowa. Ø50 single tube, travel 315 mm
BRAKES
Frontø300 2 pot
Rearø240 1 pot
画像1: MY2020 Honda CRF450RALLY
画像2: MY2020 Honda CRF450RALLY

Off1.jpのスポンサーでもある、合志技研が提供するスイングアーム。四角断面のパイプをスウェージングして絞っていき成型したもので、CRF450Rや、昨今では新型CRF1100Lアフリカツインにも採用されている形状だ。

過去には、このスイングアームを水タンクと兼ねていた(レギュレーション上、一定容量の水を積載する必要があり、スイングアームの空洞部分に水を仕込むのはわりと常套手段だ)が、現在は空洞。

画像3: MY2020 Honda CRF450RALLY

そのスイングアームに、耐久性の高いスーパースプロックスのアルミ+スチールハイブリッド製のスプロケットをフィット。

画像4: MY2020 Honda CRF450RALLY

長年契約している、信頼のNOGUCHIシートを今年も採用する。各々のライダーにあわせたスペシャルオーダーメイド。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.