何を隠そう、わたし稲垣は過去にエルカミーノを個人輸入しちゃったくらい、ピックアップ好きである。その時は、不便なんてどうでもいいんだと思っていた。かっこいいことが最優先だ。だが、このテントが当時あったらば、考えはさらにピックアップよりになっただろう…。寝れるし、快適だし、もうピックアップでいいじゃんコレなら…。

画像: ピックアップトラックなのに、バンなみに快適になるテント

ネイピア
スポーツトラックテント

サイズ: フルサイズ レギュラーベッド
品番: NP57022
価格: ¥59,400(¥54,000)
サイズ: フルサイズ ショートベッド
品番: NP57890
価格: ¥59,400 (¥54,000)
サイズ: コンパクト レギュラーベッド
品番: NP57044
価格: ¥59,400 (¥54,000)
サイズ: コンパクト ショートベッド
品番: NP57066
価格: ¥59,400 (¥54,000)

このたび日本に正規上陸したこのプロダクトは、トラックの荷台につけるタイプのテントメーカーとして老舗のネイピア。日本にジャストフィットするハイラックスサイズから、巨大なタンドラサイズまでラインナップ。

画像1: ネイピア スポーツトラックテント

素敵すぎるパドックの完成。夢空間か、おい。

画像: Napier Outdoors | Go ahead, take the scenic route. youtu.be

Napier Outdoors | Go ahead, take the scenic route.

youtu.be

バンの場合、当然室内が覆われているから、自由度が高いのは百も承知である。テントを建てたままピックアップを運転するわけにもいかず、もちろんバンの代わりにはなりえない。だが、どうしてもピックアップに乗りたいのだ。そんな心意気を持つライダーには、これはとても強い味方になること間違いない。

画像2: ネイピア スポーツトラックテント

テントは、あおりの上に設置される形。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.