画像8: KAWASAKI KX250XC 2021

バッテリーには、スカイリッチ製のリチウムイオン。すでに名の知られた軽量バッテリーであり、市販でも手に入りやすいのが特徴だ。リチウムイオン電池は、制御が難しく、各メーカーで専用品を用意する傾向にある。充電なども、専用の機器を使う必要があったのだが、スカイリッチ製であれば汎用性がある。

画像9: KAWASAKI KX250XC 2021

スキッドプレートを装備。スリムながら、簡易的にフレーム下も保護。

画像10: KAWASAKI KX250XC 2021

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.