KXシリーズが、北米で電撃発表。ヤマハのXシリーズ、ホンダのRXシリーズに続き、カワサキもクロスカントリーモデル「XC」をリリース。アメリカのGNCC、日本のJNCCへ殴り込みをかける。北米における価格は、YZ250FXの8499ドルに対抗したか、8399ドル。日本で発売されるとしても、ほぼ同価格となることだろう。

画像1: カワサキが「KX250XC/450XC」クロスカントリーモデルを北米で発表、クロスカントリー戦国時代へ
画像2: カワサキが「KX250XC/450XC」クロスカントリーモデルを北米で発表、クロスカントリー戦国時代へ

KAWASAKI
KX250XC 2021

ベースは、フルモデルチェンジされセル付きとなったKX250、つまりモトクロッサー。勝利を狙えるモトクロスマシンを、リア18インチへ変更し、エンジン・サスペンションにチューニングしたのが、このKX250XCである。

クラッチは、油圧システムに変更されただけでなく、「ディスクスプリング」とありトライアルで採用されるダイアフラム型のスプリングに似たものを採用。熱ダレが少なく、安定したクラッチフィーリングを実現する。

エンジンは、フィンガーフォロワーで思い切りパワーを求めた仕様がベースだが、どこまで調教されているのか興味深いところ。日本では、これまでピュアテックの手によってクロスカントリー用にモディファイされたマシンが販売されていたが、非常に評判よく、特に低速の扱いやすさに定評があった。XC用の素材として、非常に優れていたカワサキのモトクロッサーだけに、とても期待が高まるところ。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.