via text - ここをクリックして引用元(テキスト)を入力(省略可) / site.to.link.com - ここをクリックして引用元を入力(省略可)
画像5: 「乗りやすい!」コースに飛び出した瞬間、笑いが止まらない

ちょっと乗って気になるのは車体の大きさだ。実はこの新世代のKX250Fから、フレームが450と共通になった。むしろ、これまで設計を変えていたことに驚いたのだが、ともかくエンジンがフレームに対してすこし小さいから、エンジンマウントの形状もこのような形。

画像6: 「乗りやすい!」コースに飛び出した瞬間、笑いが止まらない

こんな形で、隙間が大きい。

画像7: 「乗りやすい!」コースに飛び出した瞬間、笑いが止まらない

最初、どうも違和感を感じたんだけど、実際ピュアテック岩渕さんに聞けば、旧モデルに対してフレームが共通化されたことで、少し大きめなのだそうだ。とくに、フロントまわりにすこし大きさを感じることがあった。

画像8: 「乗りやすい!」コースに飛び出した瞬間、笑いが止まらない

こういうちょこまかしたセクションは、慣れないとマシンに入力しづらさを感じるかもしれないが、逆に安定感にも繋がっていると感じた。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.