全日本エンデューロ選手権、今季ゼッケン10をつけて走る大神智樹が、世界最高峰のエンデューロレース「エンデューロGP」に向かっていった。9月25日現在、大神はイタリアの地で下見や練習走行をこなし、夜のスーパーテストを待っているところだろう。大神は、2017年にはじめてエンデューロGPに挑戦しており、今回は2度目のチャレンジになる。2017年、大神は多くのイタリア人にもみくちゃに応援され、熱い歓迎を受けながらも…エクストリームテストのゴールで、ある老人に中指をつき立てられていた。
画像: 超絶ハイレベルなエンデューロGPに、大神智樹が挑むワケ

なぜ、レベル違いのレースにまた挑むのか

画像: なぜ、レベル違いのレースにまた挑むのか

老人は、エンデューロのファンだったのだろう。長いこと、ヨーロッパのGPを見てまわったのかもしれない。不可侵の「公平性」を脅かすかもしれなかった(実際には脅かさずにすんだ)大神に、怒りを覚えたのだと思う。大神がスタックしている最中に、トップライダーがテストをスタートしようとするとき、大声で何人もがスタートをとめようとしていた。「テストはクリアラップで」という大前提がある。それを邪魔するものは、排除される。オンタイムの「タイムオーバーは失格」というルールは、その公平性を担保する目的を背景に持っていると解釈すべきだろう。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.