全日本エンデューロ選手権、今季ゼッケン10をつけて走る大神智樹が、世界最高峰のエンデューロレース「エンデューロGP」に向かっていった。9月25日現在、大神はイタリアの地で下見や練習走行をこなし、夜のスーパーテストを待っているところだろう。大神は、2017年にはじめてエンデューロGPに挑戦しており、今回は2度目のチャレンジになる。2017年、大神は多くのイタリア人にもみくちゃに応援され、熱い歓迎を受けながらも…エクストリームテストのゴールで、ある老人に中指をつき立てられていた。

GPライダー、大神

もちろん、エンデューロライダー大神として、GPに挑戦し続けたいという思いも強い。

画像1: GPライダー、大神

サッカーでは、国体選手までのぼりつめ、トライアルはIBまで昇格した。分厚い上背は、アスリートとして人生を送ってきたことで作られてきた。

「トライアルはIBまで上がったので、バイクの扱いには慣れています。初めてエンデューロ出たときに感じたのは、スピードが出せない、飛べないというもどかしさ。自分ができない事が多く、その難しさに楽しみを感じました。

画像2: GPライダー、大神

国内の健二さん(鈴木健二)、クギチュー(釘村忠)にもまだまだ到達できていない。スピードが足りてないですね。スピード競技にに関しては僕は「凡人」と思います。スピードは、若い内に培っておかないと、目も慣れない、体もうごせないですね。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.