全日本モトクロスにレディスクラスが創設されたのは2000年のこと。それから20年が経とうとしているが、まだ数えられるほどしかチャンピオンを排出していない。それというのも、初代チャンピオン鈴木沙耶が2000年から2007年まで8年連続チャンピオンを獲得し、2代目の益春菜も2008年から2011年まで4年連続チャンピオン。それから中野(邵)洋子(2012、2013、2016)、竹内優菜(2014、2017)、安原さや(2015)、畑尾樹璃(2018)、本田七海(2019)……。

そんな偉大な先人たちが、誰一人として成し遂げられなかった全戦優勝でのチャンピオン。川井は全日本モトクロスレディスに新たな伝説を作ったのだ。

3年ぶりの、あの場所に。

あれは2017年4月23日、場所はこの埼玉県オフロードヴィレッジだった。

画像1: 3年ぶりの、あの場所に。

それまで一度も表彰台に登ったこともなく、ゼッケンも14番だった選手が、いきなり優勝してしまった。それが、川井麻央だ。しかし川井はその後、3年以上優勝に手が届かなかった。

すっかり表彰台の常連となり、ゼッケン3をつけた川井が、再び表彰台のてっぺんに登ったのは2020年シーズンの開幕戦、SUGOでのことだった。確かに、新型コロナウイルスの影響で今年は大会数が少なく、全4戦。しかもSUGOが2回にオフビが1回、HSR1回という若干関東勢に有利なスケジュールと言えなくもない。

画像2: 3年ぶりの、あの場所に。

しかしそれでも。プレッシャーを振り払い、見事な全戦優勝で2020年チャンピオンを決めた川井の勇士を生で見たら、誰もが涙を禁じ得ないだろう。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.