聞こえてくる評判がとてもよく、好セールスが期待される新型CRF250L。Off1.jpでは、サスペンションの短いスタンダードタイプ、サスペンションの長い<s>タイプ、そして旧型CRFを揃えて、様々な著名人で囲んでみた〜というわけで、第二弾。

画像: MTBダウンヒルチャンピオン経験者でありJNCCトップランカーの内嶋亮、JECチャンピオン経験者の池田智泰、エンデューロライダー西田幸弘、マジモンのLの人、そしてXRといえばこの人モトショップストラーダの渡辺健氏。写真には写っていないが、オートバイジャーナリストの中村友彦氏にもご参加いただいた

MTBダウンヒルチャンピオン経験者でありJNCCトップランカーの内嶋亮、JECチャンピオン経験者の池田智泰、エンデューロライダー西田幸弘、マジモンのLの人、そしてXRといえばこの人モトショップストラーダの渡辺健氏。写真には写っていないが、オートバイジャーナリストの中村友彦氏にもご参加いただいた

4kgの軽量化以上の軽いフィーリング

画像1: 4kgの軽量化以上の軽いフィーリング

リターンライダーとして復活を試みている西田は、実はCRF250Lが購入候補なのだそうだ。評判があまりによく、レーサーを乗り継いだ過去を顧みても、新世代のトレールは「あり」なのでは、と考えたという。

ところで、話は少し飛ぶのだけど、この日はマジモンのLの人が、テクニクスのTRICキットを導入した旧CRF250Lを持ち込んでくれていた。CRF250Lの拡張性を判断する材料としたかったからだ。

画像2: 4kgの軽量化以上の軽いフィーリング

「テクニクスのサスが入ったCRF250Lも試乗したのですが、その時にあれ? 意外とコレ行けるぞ? って思ったんです。でもそれは「サス」が良いのは体感できたのですが、旧型はどうしてもハンドル周りからタンクにかけてに「重さ」を感じました。普段の生活ならいいですが、これで(旧型)でレースとなるとこの重さは辛いなと内心思っていた。

しかし、今回新型に乗ったら今までのLは重いという感覚が吹き飛んだ。これならこのままオフロードで使える(遊べる)と率直に感じた。旧型を知っているだけに、ますます欲しくなりますね」と好印象だった。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.