これまで多くのトップライダー達の熱いドラマを生み出してきたJNCCの開幕戦が、今年も大阪のプラザ阪下で開かれ、馬場大貴が勝者となった。レース中盤までは渡辺学との一進一退の攻防が続くが、最後の勝利を分けたのは、「35秒」の壁だった。

今年こそ王座を狙う、開幕戦のライバルは渡辺学ただ1人

画像1: 今年こそ王座を狙う、開幕戦のライバルは渡辺学ただ1人

JNCCの絶対王者・渡辺学に阻まれ、なかなかチャンピオンに手が届かなかった馬場大貴。2019年は3位、2020年は2位と徐々にランキングを上げていき、今最もチャンピオンに近いライダーの1人だ。
「毎年言っているけど、今年こそチャンピオンを狙っていきます。そのためには学さんと健二さんを超えて行かなきゃならない。そのために開幕戦から勝って良いペースでシーズンをスタートしたいですね」と話す。今回鈴木健二はG-NET出場のためJNCCは不在となった。

画像2: 今年こそ王座を狙う、開幕戦のライバルは渡辺学ただ1人

馬場はホールショットを決め、先頭に立つ。ところが、2周目で丸太セクションを失敗してしまいエスケープへ、これが大幅なタイムロスとなり6位でチェッカーを受け3周目へ。その隙に渡辺学が1位に立ち、その後ろを田中教世が追う展開に。

画像3: 今年こそ王座を狙う、開幕戦のライバルは渡辺学ただ1人

田中はそのまま2番手を走っていたが、丸太セクションで失敗しエスケープへ。その隙に馬場が2番手に。「丸太も他のライダーでラインが埋まっている事があったので、そういう時は最初からエスケープを選ぶのも戦法としてアリでしたね」と田中。

画像4: 今年こそ王座を狙う、開幕戦のライバルは渡辺学ただ1人

2位に戻った馬場は渡辺にプッシュをかけ続け、中盤には1位に立つも渡辺のプレッシャーは振り払えず、一進一退の攻防が続く。トップ争いが大きく動いたのはレース終盤であった。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.