失敗が許されない1トライの呪縛

画像: 1トライオンリーが設定された丸太とタイヤ

1トライオンリーが設定された丸太とタイヤ

プラザ阪下名物の丸太、タイヤセクション。COMPではフルで使われており多くのライダーを苦しめた。特にCOMPで上位を狙うライダーにとってはセクションの難しさだけでなく、苦しいルールも適用された。

画像1: 失敗が許されない1トライの呪縛

それは周回毎のチャレンジは1回のみという条件。失敗した場合はやり直しはできず、エスケープに回らなければならない。エスケープを回ることは大きなタイムロスになってしまうため、確実にクリアする技術が必要となった。実際、馬場や田中もここで失敗しエスケープに行った際に順位を落としている。それほど失敗した時のリスクは大きかったのだ。

画像2: 失敗が許されない1トライの呪縛

その他にも目立った箇所がこちら。ここは横幅の狭い2段のヒルクライムになっており、誰かが失敗するとラインが塞がれてしまい渋滞が起こる。序盤はこの渋滞に阻まれるライダーも多く、ここをいかに早く抜けるかが鍵となった。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.