画像4: DIRTFREAK CT125ハンターカブ SURVIVAL ADV
画像5: DIRTFREAK CT125ハンターカブ SURVIVAL ADV
画像6: DIRTFREAK CT125ハンターカブ SURVIVAL ADV

ついに登場したデルタ管。CC110でも軽くレーシーでかつジェントルな排気音と、伸び感のある特性が好評だったが、CT125でも好感触の予感。音量 :近接排気騒音:85db / 加速走行騒音:79db
重量 :3.14 kg (付属品を含む)というスペックで、もちろん政府認証もの。大手をふってストリートを走れる。

画像7: DIRTFREAK CT125ハンターカブ SURVIVAL ADV
画像8: DIRTFREAK CT125ハンターカブ SURVIVAL ADV

CC125でとても調子がよかったZETA スペシャライズド ハンドルバーも、このたびお目見え。純正ハンドルに溶接されているウインカーステーとは違い、別体で位置をずらせるように工夫されている。なんといってもこのハンドルの良さは、オフロードテイスト。ごくわずかなワイドアップなポジションは、オフ好きなら絶対にしっくりくるフィーリングに落涙する。キブンをアゲるなら、まずはコレから。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.