via text - ここをクリックして引用元(テキスト)を入力(省略可) / site.to.link.com - ここをクリックして引用元を入力(省略可)

さて、少し間が空いてしまったが、新型のCRF250Lをじっくり乗ろうというコンセプトでみなさんにお集まりいただいたこの企画も最終章。締めとして、ホンダの名店「モトショップストラーダ」の元オーナー兼店長である渡辺健氏にじっくり乗ってもらった。氏は、XR最盛期に名を馳せ、さらにその後もオフロードバイクの底辺を暖めようと、様々な企画を立てて実行に移してきたいわば21世紀初頭のオフロードバイクカルチャーを担ってきた人。氏のなかにある、名車XRと…どう重なるのか、いや超えていくのか。腰を据えて、ご一読いただきたい。

画像: CRF250Lじっくりインプレ vol.3 名門ストラーダ渡辺健、新CRFにベタ惚れ

「うわ! こんなに良くなった!」これが僕の第一印象

サイドスタンドで立てている状態から車体を垂直に起こす、それだけで先代のモデルとの重量差をはっきり感じ取れる。サイドスタンドを跳ね上げる、戻り方も気持ちが良い。良く見るとスタンダードモデルはサイドスタンドのバー部分の形状に一工夫してある。

画像: 現、フリーランスのメカニックとして活躍中の渡辺健氏

現、フリーランスのメカニックとして活躍中の渡辺健氏

僕の経験上、出来の良いダートバイクは車体の取り回しが非常に良い。期待通り新型CRF250Lの取り回しはとてもしやすい。これからダートバイクに乗ろうかと考えている人にはとても大事な事だ。
とにかく徹底しただるまさん的な低重心設計はライダーフレンドリーで、万が一車体を倒してしまっても以外とたやすく起こせる。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.