画像3: 「ワイドレンジの2速。2スト300に負けない多様性がある」内嶋亮

この穏やかなエンジン特性のキモになっているのは、まずECUである。これまたヤマハであつらえたマッピングが入っており、低速がぼけるようなセッティングがされているという。

画像4: 「ワイドレンジの2速。2スト300に負けない多様性がある」内嶋亮

排気バルブのスプリングも交換されている。スタンダードより遅めにバルブが開くようになっていて、これも低速のボケに寄与。

画像5: 「ワイドレンジの2速。2スト300に負けない多様性がある」内嶋亮

面白いのはキャブレターだ。スロットルポジションセンサー付きのPWKは、低開度のあけくちでパワージェットの噴射弁をあける仕組みになっているのだが、これをキャンセルできるスイッチをつけてある。キャンセルすると、パワージェットが常時開放されるため、高開度でもパワージェットからの噴射があり、しっかり力が乗るようになるのだそう。長いヒルクライムなどでレブにあてるような乗り方をする場合、特にトルク感がでて有効だそうだ。

加えて、セルをつけたことによってフライホイールマスが増えており、これもどろどろした低速のフィーリングに一役買っている。鈴木は、モトクロッサーにフライホイールマスを増やすモディファイを今まで否定してきたのだが「クロスカントリーやエンデューロでは重ったるくなるのおすすめしてきませんでしたが、エルズベルグのような僕らでも超低速になるシチュエーションでは有効ですね。125ではこの重さはいらない。でも250だと、ほしい」と考え方を改めている。「ちなみにフラマグが重いと、高回転のまわりかたが気に食わなかったんですが、スロットルポジションセンサーの処理で解決しました」とも。鈴木ならではのレブ域でアタックする乗り方も、この2つのアイテムで使えるようになっているという寸法。

なお、リードバルブはボイセンに換装。パワー感が違うそうだ。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.