2021年、アメリカのAMAスーパークロスの250SXイーストクラスで、日本人初優勝を遂げた下田丈選手。そして2020年、世界選手権WSSP300で日本人初優勝を遂げた岡谷雄太選手。同じ日本のKawasakiのバイクを駆って日本人初優勝という偉業を成し遂げた2人に対談いただきました。

画像1: 下田丈×岡谷雄太。日本人初優勝の二人が分かちあうものとは vol.1「初優勝までの道のり」

下田 丈
2002年5月16日生まれ。モトクロスライダー。2019年、モトクロスの全米選手権であるAMAプロモトクロス250デビュー。現在はアメリカを拠点に、Monster Energy / Pro Circuit / Kawasakiより、250ccのマシンで争われるアウトドアのプロモトクロス250、そしてインドアのスタジアムで行われるスーパークロス250SXイーストに参戦中。2021年、AMAスーパークロス第16戦ソルトレイクシティ1 250SXイーストクラスで、AMAスーパークロス日本人初優勝を飾った。

画像2: 下田丈×岡谷雄太。日本人初優勝の二人が分かちあうものとは vol.1「初優勝までの道のり」

岡谷 雄太
1999年7月12日生まれ。ロードレースライダー。2018年、全日本ロードレース選手権J-GP3クラスで最多3勝を挙げ、ランキング2位・ルーキーオブザイヤー獲得。2019年、WSBK(ワールドスーパーバイク世界選手権)併催のWSSP300デビュー。現在はMTM Kawasaki MOTOPORTより、300〜400ccの市販車ベースのマシンで争われるWSSP300クラスに参戦中。2020年、WSBK第6戦カタルニアレース2で、WSSP300日本人初優勝を遂げた。

念願の日本人初優勝。
―初優勝の時はどうでしたか?

画像1: 念願の日本人初優勝。 ―初優勝の時はどうでしたか?

下田
勝つためにみんな努力していて、チームも家族も頑張ってくれているので、やっぱり勝った時は嬉しかったですね。

画像2: 念願の日本人初優勝。 ―初優勝の時はどうでしたか?

岡谷
僕も丈くんと同じで勝つためにやってきたし、勝てるようにはやってきました。
勝ったカタルニアのレースは2番手からスタートして、トップグループにはいたのですが、なかなかトップを維持できない状態でした。カタルニアは結構ストレートが長いのでスリップストリームでバンバン抜かれて。正直勝つのは厳しいかな、と思っていたレースでしたが、最終ラップの最後のヘアピンのところで前3台がいなくなりました。そこで僕は2番手だったのでチャンスだと思い、最終コーナーで刺せて勝てた、というレースでした。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.