よく「速く走るためにはどうすればいいのか」という問いに「アクセルを開けろ」と言われる、という話があります。これはある意味正解で、アクセルを開ける以外にバイクを速く走らせる方法はありません。では、アクセルを開けるためにはどうすればいいのでしょうか? その疑問に全日本エンデューロチャンピオン・釘村忠が答えてくれました!
画像: 釘村忠 1984年3月5日生まれ、宮崎県出身。モトクロスのIAライセンスを持つエンデューロライダー。2015年、2017年、2019年、2020年に全日本エンデューロ選手権IAクラスでチャンピオンを獲得。2019年にはポルトガルで開催されたISDE(インターナショナルシックスデイズエンデューロ)にて日本人初のゴールドメダルを獲得。

釘村忠
1984年3月5日生まれ、宮崎県出身。モトクロスのIAライセンスを持つエンデューロライダー。2015年、2017年、2019年、2020年に全日本エンデューロ選手権IAクラスでチャンピオンを獲得。2019年にはポルトガルで開催されたISDE(インターナショナルシックスデイズエンデューロ)にて日本人初のゴールドメダルを獲得。

「トップライダーでもアクセル開度は走り方によって人それぞれで、全ての場面で必ずしもカチッというまで開けるのが正解というわけではないのですが、おそらく多くのサンデーライダーは"怖くてカチッというまで開けられない"という悩みを抱えていると思います。それを解決するにはライディングフォームをしっかり見直すことが必要です」

ドアノブ握りがバランスを保つ

釘村選手が最初に指摘したのはライディングの基本中の基本、誰もが一度は聞いたことがあると思われる「ドアノブ握り」の徹底でした。次の写真で見比べてみてください。

画像1: iRCタイヤ Presents 釘村忠が教える「アクセルを全開にするためにはどうすればいいのか」

通常握り全閉

画像2: iRCタイヤ Presents 釘村忠が教える「アクセルを全開にするためにはどうすればいいのか」

通常握り全開

画像3: iRCタイヤ Presents 釘村忠が教える「アクセルを全開にするためにはどうすればいいのか」

ドアノブ握り全閉

画像4: iRCタイヤ Presents 釘村忠が教える「アクセルを全開にするためにはどうすればいいのか」

ドアノブ握り全開

通常の握りに比べ、ドラノブ握りをしていると、肩が落ちていないのがわかるでしょうか?

よくコーナーの立ち上がりを正面から撮っている写真で、アクセルは開いていてカッコいいけど、右肩がすごく落ちている写真を見たことはないでしょうか? 釘村選手曰く「肩が落ちるとバランスが崩れてしまい、バイクが左右どちらかに傾いてしまいます。そうなれば当然トラクションは逃げるし、タイヤは滑りやすくなり、怖くてアクセルが開けられなくなる、という悪循環が生まれてしまいます」とのこと。なるほど仰る通り……。

画像5: iRCタイヤ Presents 釘村忠が教える「アクセルを全開にするためにはどうすればいいのか」
画像6: iRCタイヤ Presents 釘村忠が教える「アクセルを全開にするためにはどうすればいいのか」

悪い例を正面から見ると、こうです。

画像: ドアノブ握りがバランスを保つ

しっかりとドアノブ握りができていれば、アクセルが全開の時でも右肩は落ちず、バランスも崩れないというワケ。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.